ちょっと待った!!中古せどり仕入れで気を付けるべき点とそれを強みに変える方法を解説!

店舗を回っていても、おもちゃはほんとに沢山あります。

中には利益がしっかりとれるような商品もあるので、

ぜひ積極的に狙っていって欲しいのですが

ちょっと注意が必要な場合があります。

 

同じように見えてバージョンが違う別物という商品が紛れているからです。

アマゾンで販売するのであれば尚更注意したい点ですので、

間違って仕入れる事が無いように知っておきましょう!

仕入れ前に確認!商品のバージョンによって販売相場が全然違います。

動画で説明しているように、同じような名前の商品でも

バージョンが違うだけでこれだけの価格差が出てきます。

    

 

今回紹介したこの商品。

左のものが新しくなった商品で相場価格は3900円前後なのに対して

右の商品の相場価格は8000円前後約2倍の価格差があります。

 

こうやって並べると違いが一目瞭然ですが、

箱のデザイン等、パッと見判断が付かないかもしれません。

 

以前のバージョンがある事を知っていれば、間違って仕入れる事を回避できますが

もしそれすら知らないとしたら、間違って仕入れる可能性は十分考えられます。

 

とくに電脳仕入れをする時は

商品を手に取ってじっくり見比べることが出来ませんよね。

つまり、商品の【部分的な特徴】を掴んで判断しなければならないという事です。

 

商品の違いを知る事はあなたの武器になる

商品に廃版になった以前のバージョンがあるという事が分かれば

それだけであなたの知識としての武器が増えると言い換える事も出来ます。

 

なぜならば、店舗側でも電脳での出品者側の場合もその知識がない可能性があるからです。

その知識がなければ、価値のある廃版商品をNEWバージョンの商品相場に合わせて

価格を決定している事が考えられるからですね。

 

実際に僕も度々遭遇します

こういう棚の中から発掘されるのですが

当然、箱に入っていない物の方が店舗にとっても間違いやすいです。

 

ですので、ビームが使えない商品にこそお宝が眠っていると思って

手打ちでのリサーチも諦めず行ってくださいね。

 

 

【廃版商品と相場価格の関係】 似て非なる商品の知識積み上げる

廃版になった商品というのは「人気商品である」などの特定の条件は付きますが

相場価格が上がる傾向にあります。

それはどうしてか分かりますか?

 

商品の価格相場の仕組みを理解していればきっと分かりますね。

廃版商品はもう生産されません。

出回っている商品に対して、欲しいと思う人が多ければ多いほど

価格というのは上昇するわけです。

 

新しくNEWバージョンの商品に生まれ変わっても

【以前のバージョンの方が面白い作り】になっているとか

【使いやすい】という場合も同じように相場が上がります。

 

言わば、物の価値を見極めて、商品を仕入れたり販売する私たちにとっては

押さえておくべき必須の知識と言えるでしょう。

 

もちろん人気が無くて廃版になる商品というのもあります。

全ての廃版商品が当てはまるわけではないので、商品と相場の関係から

判断するようにしてください。

 

今回紹介した商品の他にもこんなものがあります。

 

    

 

メルマガのメンバーにのみ公開していますのでモザイクがかかっていますw

この商品も見分けがつきにくい似たような形ですが

相場価格がかなり違っていますね。

 

 

 

そしてこんな高単価のジャンルでもあります。

 

  

 

見間違うくらいの同じような商品がこんな感じであるんですね。

そして、こういった2つの商品の価格差は2倍以上!

 

今回紹介した商品や廃版になってしまった商品は新しく店頭に並ぶことがありません。

つまり中古だからこそ発見できるおいしい商品といえるんですね。

 

そんな商品が中古市場ではグルグル循環しているわけですので

中古市場が無くならない限りその中から価値ある商品を選別して仕入れる力

【せどり力】を身に付けることは必ずあなたの財産になるはずです。

 

そして、こういった財産となるスキルを身に付ける事でせどりが一気に稼ぎやすくなります。

 

月に5万や10万をサクッと稼ぐには必ずしも商品知識や新しい手法にあるのではなく

こういった気づきから商品を探し当てる発想、ひらめきなどといったものが大切です。

 

つまり、

「価値ある商品に気づくためのコツ」

「関連商品に視野を広げるポイント」

 

などといった土台となる部分がしっかり備わっていれば

間違いなく稼げますし、商品知識も勝手に積み上がっていくので

結果的にどんどん稼ぎが加速するんですね。

 

というのも、知らない商品なんていくらでもありますし、

今こうしている間も新しい商品というのが生まれているわけです。

 

僕だって到底覚えきれません(笑

 

それでも仕入れが出来るのは、先ほど言ったような土台の部分に秘密があるんですよ。

 

 

それでは、また!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ