転売、せどりで月に100万円以上稼ぐと浮かび上がる2つの問題とは!

 

 

こんにちは、Saitoです。

情報発信で

 

「コンサル生が月商100万円突破しました!!」

「実践数ヶ月で月商300万円!!」

 

みたいな文章よく見かけますよね。

物販ビジネスを実践している方は、とりあえずこういうのを目指しています。

 

でも、毎月100万を超えるような売り上げになってくると

後々大変になるかもしれませんよ。

 

一見大きければ良いと思われがちな売り上げも、個人が行う物販では

注意した方がいいよというお話です。

 

問題① せどり実践2年後に消費税の納税義務の可能性

まず、なぜ月商100万を基準にお話ししているかという事ですが、

毎月月商100万を超える売り上げがあれば、年商で1000万をこえますよね。

年収1000万を超えた年の2年後から、あなたは課税業者という事になり

消費税の納税義務が発生します。

 

消費税と聞くと「買った時に支払うんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、サラリーマンとは違い個人事業主になると

消費者が負担した消費税を受け取って一時的に預かっていることになります。

そして預かった税金は国に納税しなければならないという事です。

 

事業主に課せられる消費税の納税義務

 

転売、せどりの物販ビジネスに限らずですが、

年間の売り上げが1000万を超えた場合2年後からは

課税事業者となり、消費税を国に納めなくてはならなくなります。

 

知っていましたか?

 

こういう事を教えないで、コンサル生にガンガン売り上げを上げろ的な事をいう方も居ます。

とくに新品商品を扱った転売などは、利益率が10%に満たないなどという事もあります。

 

それをカバーするためには、売り上げを伸ばす必要があり、

それなりの利益を求めれば必然的に売った額は大きくなっていきます。

 

つまり、10万稼ぐ為には100万円の売り上げが必要であり、

課税事業者になるのは意外とすぐだという事がわかりますね。

転売やせどりをしている人にとっては、月商100万って結構あっと言う間です。

 

消費税はどのくらい取られる?

消費税を納税すると言っても、買った時と同じ税率になるわけではありません。

納めるべき消費税額を計算する方法は2通りあるのですが、

今回は、簡易課税という簡易的な計算法で説明します。

 

簡易方式

売り上げ × 20% × 現在の消費税率(8%)= 納めるべき消費税額

 

国税庁のHPで詳しく説明しているのですが、さらに簡略化するとこういう事です。

みなし仕入れ率というのが業種によって定められていて

小売業にあたる転売、せどりは80%がみなし仕入れ率とされています。

つまり経費は大体このぐらいで、残りの20%が利益とみなされるわけです。

 

売り上げに対してではなく、あくまでも利益に対しての消費税額になります。

では1000万円の売り上げがあったとして計算してみましょう。

 

1000万 × 20% × 消費税(現在8%) = 16万

 

つまり年商で1000万だと16万円を消費税として納税しなければならないという事です。

売上額からみると小さく見える納税額ですが、

薄利多売的な転売をしている方にとってはかなり痛い額になります。

 

問題② 消費税の納税と収益のバランス

 

資金力をもった強者の戦略で【薄利多売でガンガン売る】という事が出来る

仕組みを持った人はそれでもやっていけるでしょう。

もはや完全に業者として、ガッツリやっていくスタイルです。

 

しかし、あくまでも個人でやるスモールビジネス的な感覚で取り組んでいる人は

利益率の低いまま勢いでいくのは危険です。

 

例えば年商1000万のあなたのビジネスが色んな経費を抜いて

最終的な利益率が5%だったら50万の利益ですが、

そこから消費税16万円を国に持っていかれ、実質的な売り上げが34万とか・・・

 

新品を扱って、とにかく売りまくって利益を得ようとするタイプの手法の場合は

ほんとにこんな事が起こりえますし、

月商500万や700万のコンサル生を大量に排出しているような塾などはこのパターンでしょう。

 

消費税納税義務の基準を超えて物販ビジネスをやっていくのなら、

こうしたことも考慮して、売り上げを作っていく必要があるわけです。

無駄な値下げをしたり、利益率の低い手法はやるべきではありません。

 

物販を個人が行う場合のオススメの運営法

では、何がベストなの?という事になってくるのですが

結論としては課税事業者にならない程度でやっていくのがいいというのが僕の提案です。

組織化して、億単位で売り上げるような物販業者になりたいのであれば別ですが、

あくまでも個人のレベル、副業レベルで転売やせどりをするのであれば

年商1000万以内で、利益率の高い手法をやるべきです。

 

たとえば、僕は以前中古せどりで月収20万稼いでいた頃は、80万~100万くらいの売り上げでした。

中古せどりであれば比較的利益率がいいので、副業として中古せどりをして

年商1000万以内の売り上げをキープしつつ稼いでいくのがベストではないでしょうか。

 

そもそも労力を考えると、副業では年商1000万を超える事はそうそうないと思います。

(取り扱う商品にもよりますが・・)

 

結論

個人レベルのスモールビジネスを目指す場合は

年商1000万を超えない程度で毎月お小遣いを稼ぐ感覚で取り組むのがベスト。

それ以上稼ぎたいのであれば、消費税を支払う前提で事業計画し、

それなりの覚悟をもって取り組む必要があるという事でしょう。

 

まとめ

転売やせどりという物販のビジネスは確かに仕組みがシンプルなので

稼ぎやすい印象を持ちます。

でも、僕が実践して感じたのは少額を稼ぐには楽しいし勉強になるけれど

それ一本で生活していくレベルを稼いでいくとしたら、

大きな資金力としっかりとした事業計画、そして圧倒的な行動力が必要という事です。

 

ですので、一般人が物販で稼ぐのであれば月5万の収益を一年間続けて

60万貯めるような貯蓄型の感覚で取り組むのが精神的にも体力的にも消耗しない

ベストな方法だと思いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ